カワイ建築 ポリシー

カワイ建築 ポリシー

理想の家は、子育ての途中で描く夢とどこか似ています。

健康で、素直で明るく、好奇心いっぱいに育ってほしい。

それを家づくりとして語るなら、ひとにやさしい木をはじめ、健やかな自然素材をふんだんに使い、

確かな設計と施工技術を駆使し、まっすぐな心でていねいにつくるということ。

そして、自然光をたっぷり取り入れた、明るくのびやかな空間に

暮らしを楽しむ遊び心をちりばめた住まいであるということ。

家族にとって愛おしく、大事な存在であるからこそ、その思い入れをきちんと汲み取りながら

あたたかく、やさしく、バランスよく。

住まい手には〈喜び〉を、つくり手には〈自信〉を、街や社会には〈誇り〉となる、

そんな家づくりをおとどけしたいと考えています。

カワイ建築 ポリシー

好きな暮らし方、好きな場所は、人それぞれ。どんな場所をつくりたいのか。どんな想いを託したいのか。住まいへの想いや志向、感覚をカタチに変換するのが、「設計」という作業です。〈プランニングは、生活の鏡。生活の母胎〉といわれますが、住まいを設計することは、暮らしを映すことであり、生活の基盤をつくることであるということ。機能的でありつつ、住まい手を懐深く受け入れる安らぎの場所であるために、私たちは住まい手の心を受け取りながら、デザイン的な美しさやバランスを加味し、ムダをそぎ落とした機能的な暮らし方も含め、ご提案します。

敷地を読む

外から見る敷地と、内から見る敷地の感覚は違います。また、一日の移ろいや四季の変化によっても、求める心地よさが変わるのも住まいというもの。実測サイズや地図にとらわれず、実際に現場に立ち、人間としての感覚でさまざまな地点や視線でとらえてこそ、見えてくるものがあります。

暮らしを読む

最初は漠然としていた未来像が話し合いを重ねることによって、やがて明確になっていくことがあります。深く潜んだ想いをくみ上げながら、暮らしの輪郭を読み取っていきます。さらに創意工夫を加え、新しい暮らしへとアプローチします。

風の道、光の道

心地いい住まいとは、大きくいえば「風通し」がよく、「陽当たり」がいいということ。けれどもこうした自然条件は、時間帯によって、季節によって時々刻々と変わります。それらを考慮した上で、夏には風が気持ちよく抜け、冬には部屋の隅々に光が射し込む家であることが大切。通風と採光を確保することは、温熱環境の質を上げ、省エネに貢献し、住まいも人も健やかに保ちます。

収納建具

暮らしの良し悪しを左右するといわれる収納スペース。住まいの骨格を活かし、空間に溶け込んだ収納建具をおとどけできるのも、専属建具師を抱えるカワイ建築ならでは。包容力と見た目を兼ね備え、使い勝手のいい暮らしをおとどけします。

カワイ建築 ポリシー

風や光の調整は、窓の配置はもちろんのこと、間仕切り壁や間仕切り、建具の工夫などによって行います。1年単位、1日単位での風の動きや日射の向きを考えながら、これらの配置や種類を決めていくわけです。平面的な動きだけではなく、こうして立体的に考えていくことがとても重要になります。